女性のためのピル講座

ピルと聞くと、心無い人は「性にだらしがない」等という印象を持つ方もいらっしゃいますが、女性がピルを使うのは自分を守るためであり生理のリズムを整えたりするために使用します。ピルについての正確な知識を持つことで誤解を無くしましょう。

ピルを飲むと具合が悪いのは何故?

望まない妊娠を避ける為、女性であればピルの服用を検討する事をお勧めします。
日本で避妊といえば、コンドームの使用が定着していますが、コンドームでの避妊率は約8割程度にとどまっています。
10人に1人から2人は、コンドームを使用していても、妊娠してしまうケースがあるのです。

ピルであれば正しく服用する事によって、避妊率は約100%となっています。
自分の体や将来を守る為にも、ピルは女性にとって無くてはならない薬と言えるでしょう。
また、避妊目的だけでなく月経困難症や子宮内膜症、ニキビといった症状の治療にもピルを処方するクリニックは増えつつあるようです。

ただ、ピルを飲むと具合が悪くなるという話を、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
安全性は確保されている薬ですが、薬である以上、副作用はゼロではありません。

ピルにはプロゲストーゲンとエストロゲンという、2種類のホルモン剤が含まれています。
体内の女性ホルモン量を一定にする事で、排卵を抑制し避妊の効果を得るのです。

服用を続けると体内のホルモン環境が、今までとは変わってしまう為、個人差はあるものの副作用が起こる場合があります。
頭痛や腹痛、だるさなどを感じる方が多いようです。
ホルモンバランスが変化する事によって、胸の張りや不正出血起こす場合もあります。
また、食欲が増して太ってしまうケースもありますが、体重の増加は1キロから2キロ程度と微々たるものです。

しかし、最近はプロゲストーゲンとエストロゲンの量を最小限に抑えた、低用量ピルが主流となっています。
低用量であれば、ほとんど副作用の心配はありません。
そして、飲み続ける事で徐々に体が慣れ、具合が悪くなる事も少なくなると言われています。

■今主流の低用量ピルが購入出来るサイトです
低用量ピル 通販